comuu wordpress は5月末でサービスを終了します(詳細)

卑猥な四文字言葉

 他の女性はどうかわかりませんが、私は膣の浅瀬をペニスで小刻みにこすられた後で、一気に奥まで貫かれると、思わずはしたない声が出てしまうほど気持ちがいいのです。
 
 主人のものでは、長さが足りないのか、バックから突かれても奥に当たる感じがありません。Kとのセックスを知ってからは、夜の営みが少し物足りなく感じ始めてもいました。
 
 今にして考えれば、私がKに緊縛を許してしまったのは、巧妙にそこに誘導されたのだとわかります。浅くしか突いてくれないもどかしさに、淫らなおねだりを強要され、その命令を受け入れていったのです。
 
「お前は、ここが好きだよな。自分から尻を動かして、そんなにいいのか」
「いゃん。そこも気持ちいいけど……もっと、奥まで突いてほしいの……」
「ん? どこの奥だ。俺が教えた言葉で言うんだ。じゃないと、抜くからな」
 
 最初は、「アソコの奥」という言い方でも許してくれていましたが、そのうちに卑猥な四文字言葉でねだるまで、奥に突いてくれなくなりました。

 


あなたもブログを書いてみませんか。ブログ無料レンタルのコミュー