comuu wordpress は5月末でサービスを終了します(詳細)

性器の淫らな呼び名

 膣の奥まで、突いて欲しい。そのおねだりをいやらしい言い方ですれば、Kは私を必ず一気にアクメまで押し上げてくれました。
 
 気を遣る瞬間に「イク」と言うのも、Kから教え込まれたことです。主人との営みで、そんな屈辱の言葉を口にしたことはありませんでしたが、自らねだった深突きで達したと告げるのは、思いのほか快感でした。
 
 どこの奥を突いて欲しいかだけでなく、何で突いて欲しいかも、もちろん言わされました。これも、最初は四文字の幼児語でも許されましたが、やがてもっと卑猥な三文字の言葉を無理強いされました。
 
 女として生まれて、そんな破廉恥な名前でペニスを呼んだことはありませんでした。しかし、それを口にして何度もイカされるうちに、それに対しても抵抗感が薄れてきました。
 
 アクメ近くまで押し上げられた状態で抜くぞと脅されては、その望みに泣きながら従ってゆくうちに、Kは部屋を明るくしたままでセックスしろとまで言ってきました。
 
 裸を見られながらするセックスは恥ずかしすぎて感じないと、私は拒みました。すると、Kはバッグからアイマスクを取り出して、目隠しをしてみようかと言ったのです。

 


あなたもブログを書いてみませんか。ブログ無料レンタルのコミュー