comuu wordpress は5月末でサービスを終了します(詳細)

目隠しセックスの快感

 アクメ寸前に追い上げられ、気を遣る寸前でペニスの動きを止められるもどかしさ。これを何度も繰り返されながら囁かれたその申し出に、私はついうなずいてしまったのだと思います。
 
 実は、その辺りの事はよく覚えていないのです。力ずくでされた記憶はないので、はじめは嫌がっていた私も、最後には自分から「して」と答えたのでしょう。
 
 目隠しをされた状態でされる男性器の抜き差しは、これまでになく強烈でした。Kも興奮していたに違いありません。ぶつけるように唇を重ねてきて、上下の粘膜をこれでもかとえぐられました。
 
 視覚を強制的に奪われた状態でするセックスがこれほど刺激的だとは、それまで知りませんでした。その快感が癖になるように、Kは繰り返し私をオルガスムスに押し上げました。
 
 Kの男性器が私の中を掻き回す卑猥な水音を指摘されながら、私は二度三度と気を遣りました。誘導されるままに「イク」と叫び始めたのも、この頃からでした。

 


あなたもブログを書いてみませんか。ブログ無料レンタルのコミュー